ずっと住み慣れた家で暮らし続けたい 支え合う地域のケア力 一緒に考えてみませんか?

 平成29年度第4回勉強会 介護保険と介護予防

 平成29年度第4回勉強会 介護保険と介護予防

20180324 藤原様20180324
平成29年度 第4回勉強会
シンポジウム 介護保険と介護予防 ~いつまでも元気でいるための1・2・3~

日時:平成30年3月24日(土) 10:00~11:30
場所:日生公民館 会議室
主催:NPO法人猪名川在宅ケアを考える会
後援:猪名川町
参加者:36名

(概要)
22年後の2040年には、高齢人口がピークに達し、4,000万人に、そのうちの40%は一人暮らしになるとされるなか、猪名川町の介護保険と介護予防の取組について、町と社会福祉協議会の立場からお話しいただきました。

介護保険制度について 
猪名川町生活部福祉課 主幹 藤原敏行さん

猪名川町の今後10年は、人口約3万人程度、高齢者数1万人程度で推移する見通しであり、介護保険の認定率は後期高齢になると急速に高くなっている現状がある。
平成30年度より始まる、介護予防・日常生活支援総合事業 生活支援体制整備事業
 とは・・・
これまでの高齢者支援は専門職によるサービス提供を主としてきた。
これからの高齢者支援は、なじみの関係による助け合いをふくむ、地域の多様な資源を活用することを主体に、専門職による支援は要介護状態の高い層に限定されることになっていく見通しである。
猪名川町でも、軽度の支援を提供できる多様な人材育成の仕組みづくり、なじみの関係による助け合いの仕組みづくりに取り組んでいる。

介護予防について
猪名川町社会福祉協議会 事務局次長 別宮新吾さん

猪名川町社協の主な介護予防事業として、脳の健康教室、健康長寿体操教室の助成、食の健康講座、いきいきサロン助成、デイサービス事業の紹介等

(質疑・応答)

Q1 脳の健康教室は30年度よりサポーターによる自主運営に任せるとのことであるが、混乱している。あまりに無理のある展開ではないか?
A/別宮様 社協としても、サポーターに一気にお任せするのではなく、側面から支援を継続することとしている。
Q2 町としての具体的な施策が知りたく参加した。
 脳トレなどは年間600人が参加したというが対象としてはごく一部、点にしか過ぎないのではないか、面としての取り組みが必要ではないのか?もっとも高齢者が困っているのは多臓器(いろいろなところが悪くなっている)を診てくれる医者がほとんどいないことである。町はどのような見通しをもっているのか?
また、このような議論する場、住民の意見のヒアリングの場がなく、広く設けて欲しい。 
A/別宮様 健康長寿体操や脳トレなどの助成金は合計年間600万円程度、介護保険の特別会計から出ている。一方、老人保健施設入所の費用は1人年間300万円程度、600人の脳トレに参加した方たちなどが健康に過ごせて施設入所の人数や期間を少なくできれば介護給付費を抑えることになる。
A/藤原様 町としても、点で支えるだけではなく、多職種・専門職が連携し、同じ方向を向いて係わることが重要だと考えている。川西市医師会(猪名川町の開業医が属する)を中心に在宅医療連携推進協議会が開催されており、開業医、在宅介護事業者、総合病院の医療連携室、介護施設等々が参加して連携している。
 広く住民の意見交換・ヒアリングの場を設けることについては、持ち帰って検討させていただきたい。
A/司会者より 訪問医療・こひつじクリニックでは、9診療科目に対応。4台の車で、複数名の医師、看護師が総合病院に相当する対応をしている。

・・・詳細は、勉強会のページに掲載しています。