ずっと住み慣れた家で暮らし続けたい 支え合う地域のケア力 一緒に考えてみませんか?

 平成29年度第4回勉強会 介護保険と介護予防

 平成29年度第4回勉強会 介護保険と介護予防

20180324 藤原様20180324
平成29年度 第4回勉強会
シンポジウム 介護保険と介護予防 ~いつまでも元気でいるための1・2・3~

日時:平成30年3月24日(土) 10:00~11:30
場所:日生公民館 会議室
主催:NPO法人猪名川在宅ケアを考える会
後援:猪名川町
参加者:36名

(概要)
22年後の2040年には、高齢人口がピークに達し、4,000万人に、そのうちの40%は一人暮らしになるとされるなか、猪名川町の介護保険と介護予防の取組について、町と社会福祉協議会の立場からお話しいただきました。

介護保険制度について 
猪名川町生活部福祉課 主幹 藤原敏行さん

猪名川町の今後10年は、人口約3万人程度、高齢者数1万人程度で推移する見通しであり、介護保険の認定率は後期高齢になると急速に高くなっている現状がある。
平成30年度より始まる、介護予防・日常生活支援総合事業 生活支援体制整備事業
 とは・・・
これまでの高齢者支援は専門職によるサービス提供を主としてきた。
これからの高齢者支援は、なじみの関係による助け合いをふくむ、地域の多様な資源を活用することを主体に、専門職による支援は要介護状態の高い層に限定されることになっていく見通しである。
猪名川町でも、軽度の支援を提供できる多様な人材育成の仕組みづくり、なじみの関係による助け合いの仕組みづくりに取り組んでいる。

介護予防について
猪名川町社会福祉協議会 事務局次長 別宮新吾さん

猪名川町社協の主な介護予防事業として、脳の健康教室、健康長寿体操教室の助成、食の健康講座、いきいきサロン助成、デイサービス事業の紹介等

(質疑・応答)

Q1 脳の健康教室は30年度よりサポーターによる自主運営に任せるとのことであるが、混乱している。あまりに無理のある展開ではないか?
A/別宮様 社協としても、サポーターに一気にお任せするのではなく、側面から支援を継続することとしている。
Q2 町としての具体的な施策が知りたく参加した。
 脳トレなどは年間600人が参加したというが対象としてはごく一部、点にしか過ぎないのではないか、面としての取り組みが必要ではないのか?もっとも高齢者が困っているのは多臓器(いろいろなところが悪くなっている)を診てくれる医者がほとんどいないことである。町はどのような見通しをもっているのか?
また、このような議論する場、住民の意見のヒアリングの場がなく、広く設けて欲しい。 
A/別宮様 健康長寿体操や脳トレなどの助成金は合計年間600万円程度、介護保険の特別会計から出ている。一方、老人保健施設入所の費用は1人年間300万円程度、600人の脳トレに参加した方たちなどが健康に過ごせて施設入所の人数や期間を少なくできれば介護給付費を抑えることになる。
A/藤原様 町としても、点で支えるだけではなく、多職種・専門職が連携し、同じ方向を向いて係わることが重要だと考えている。川西市医師会(猪名川町の開業医が属する)を中心に在宅医療連携推進協議会が開催されており、開業医、在宅介護事業者、総合病院の医療連携室、介護施設等々が参加して連携している。
 広く住民の意見交換・ヒアリングの場を設けることについては、持ち帰って検討させていただきたい。
A/司会者より 訪問医療・こひつじクリニックでは、9診療科目に対応。4台の車で、複数名の医師、看護師が総合病院に相当する対応をしている。

・・・詳細は、勉強会のページに掲載しています。

2月のつながりづくり in 松尾台

2月のつながりづくり in 松尾台

520180320 く (640x428)

日時 平成30年2月27日(火) 13:30~15:00
場所 日生公民館会議室
参加者 22名

松尾台のあんな話題、こんな話題、繋がりあうこと、寄り添うこと、みなさまのいろんなお話がゆるりと交わっていく・・・
そんな時間にとお誘いして5回目の集まりでした。

この日の話題は、町の100万歩運動に参加してみて松尾台地区の参加者数が格別に高いことの紹介から猪名川町の健康寿命がなぜ高いのかへとつながり、小学校の登下校の見守りのなかで気持ちの良い挨拶が返ってくることや、また、裁判通告ハガキを受け取った情報から、いくつかのオレオレ詐欺に類する情報の交換等々、多彩な内容となりました。

この集りは、4月から”寄り添う・在宅ケアサロン”の開催へとつなぐこととしたことをご案内し、そのサロンにご協力をお願いして何人かの方からできることを手伝いますと、控えめながらとても魅力的な内容のお申し出、サロンには在宅ケアの確かな情報を提供できる人材の配置が不可欠などの貴重なご意見を頂きました。

4月には、新たな装いで皆様にお目にかかることを楽しみにしています。

第3回勉強会 介護保険サービスを受ける立場になって

第3回勉強会 介護保険サービスを受ける立場になって

180120_1045

日時 平成30年1月20日(土) 10:00~11:30
場所 日生公民館和室
参加費 200円
主催 NPO法人猪名川在宅ケアを考える会
後援 猪名川町
参加者 30名

テーマ:「地域で必要な助け合い」って何だろう? ~介護保険サービスを受ける立場になって~
発表者: 南部 佳恵さん
    (当会員/脳梗塞で倒れ入院、退院、リハビリ中)

<発表の概要・抜粋>

今回、私の実体験をということで少し話させてもらうことになりました。

昨年、1/12夕方路上で足の力が抜け崩れるように路端に座り込んでしまいました。気がついた時はベッドの上でモニターやその他いろいろな器具が付けられていました。病名は脳梗塞で左半身麻痺です。
(中略)
 6/15~6/16一日の外泊があり、6/22退院!!姉が最期の手伝いをして帰りました。要介護二人での生活開始!!
促、ケアなど受けれず、退院してからケアマネや事業所の下見など中々決まらず結構遅くなりました。
 少しづつ身体もゆったりしてきていますが、夫の認知症は俗にいうアルツハイマー病ではっきり言って物忘れがひどくなり今言ったことすら忘れます。
 日常生活は夫の手足と私の口で出来るだけすることにして、又入院中より時々友人の助けや会員の方々の協力などで過ごしています。
 
 12月から二人でチェア体操に松尾台集会所へ行っています。軽い小さな買い物はリハビリを兼ね時間はかかりますが、日生中央まで歩きます。雨の時は歩けないので少しずつ10日に1度位です。
 重い買い物は友人に頼みます。
 それ以外、以前入っていた会なども幾つか老人会など少しだけ動ける範囲の所・集会所・まち協辺りで(20分~30分で歩ける)出来るだけ、参加しています。今日のような会合には送迎してもらうので申し訳なく思いつつ参加しています。参加できるものは参加することで、できるだけ夫を同伴させてもらっています。
 ただ大変なのは一日の行動時間がぐんと減りました。ベッドに入るのが遅くとも10時です。以前は1時でした。又、室内でも移動するのに時間がかかります。足の動かないのが一番大きいです。手も動かないのですが、左手のカバーを右手ですることは出来ても左足のカバーを右足でするのは無理の様です。それと不思議なことに100%出来るはずなのに右手の方も失敗が多く物を落とします。
 介護を受ける立場になって見えてくることがいろいろあります。目の不自由な方への点字ブロックがあると、私のように杖をつく者には道は歩道より車道の方が歩きやすいです。私の場合足が不自由で何か申請するにしても、本を借りたい、講演を聞きに行ったりしたくても移動手段に困ります。個々の障害で、問題があり難しいことですけど日常生活において公的機関の援助も必要ですがそれにも増して大事なのは地域・仲間・知人の協力はとっても大きいことを感じました。自らがそれをオープンにすることだと思います。今回夫の認知症についてオープンにすることにより、民生委員の人や近くの方々が声をかけて下さっています。私のような障害もですが私自身周りの人に軽くは言ってましたけど認知症もいつかは大きく声を上げれるようになる様になるといいと思います。癌もしばらく前までは、本人も家族も伏せていた病気でしたが今では結構大きな声で言える時代になってきたと思います。その様になると、皆がフランクに話し合えるようになると思います。今回私は、結構恵まれた立場にいると思います。二人共いろいろ頑張っていますが何かと手助けの手を伸ばしてくださる方が多くなりました。又、会への参加も二人揃っての参加を喜んでくれる仲間が本当に多くいます。自画自賛ではないのですがこの会の力がすごいなと、又地域の力が大きいと思うのです。これから先は私がどれだけ出来るか、していけるかでしょうね。逆の立場だったら出来るかなと思う程手を差し伸べてくれています。

<オアシス猪名川/小規模多機能型居宅介護事業所の紹介>
亀田所長(当会員)
「オアシス猪名川」は社会福祉法人JA兵庫六甲福祉会が運営し猪名川の地域の皆様の協力を得ながら、ご利用者お一人おひとりに寄り添い、小規模で家庭的なサービスを提供することで、慣れ親しんだ地域で暮らしていくためのお手伝いをします。
 方針にある”寄り添い”は当会の勉強会のテーマ”寄り添う”と同じ方向です。
 その方、一人一人にに必要なサービスを提供できるよう、・・・・・
 開設以来2件の看取りもやらせていただきました。まずご相談下さいます様、役場やJAにおいでの際には、覗いてくださいますようお願いします。身近な場所で、いつでもご相談をうかがいたく思います。
 
<ご意見・ご質問等>
*主人が脳梗塞を患ったが本人の頑張りが色々あり素晴らしく回復しました。あちらこちらの部屋中メモメモでした。本人のやる気が大事だと思います。リハビリを熱心にする事です。今日の演者さんもよく頑張ってると思います。
*地域の方、知人、友人に助けて頂いたそうですが近くの方の援助は難しいこともあるのではないでしょうか?
(南部)夫の場合認知症だとあまりオープンに出来ていなかったけど今回はオープンにせねばと思って話したので、以前よりよく声かけてくださいます。今までのお付き合いで話したい方、話したくない方あるでしょう。相談したくても相手次第ということもあると思います。

<気づきのカード記入してワークショップ>

まとめ
 皆さん「助けて!」と言えますか?
 力尽きて「助けて」と言った時は、問題が深刻になりすぎていることがあります。
 「助けを求めない事情」を考えてみますと
①「自分や家庭で何とかしなければ」という思いや諦めの気持ち。
②「助けられたくない」「みっともない」「家に入ってほしくない」「人の選り好み」「気疲れする」との思い。
③「助けを求めたいがどこに相談したらいいかわからない」「愚痴を聞いてもらったが助けを求めているとは感じてくれなかった」「気疲れする」との思い。
などが挙げられています。
 「閉じこもりの方」は支援を拒否しているのではなく「助けて!」の信号の弱さが
考えられます。一方「サービス紹介」の公的なパンフレットが配布されますが、当事者の方々ひとり一人に情報をとどけるには、その「発信力」の微力さが感じられます。そして、「サービスを受けることで自分の誇りをつぶされはしまいか」という住民の不安とためらいを受け止められず「受けたいはずだ」という姿勢を感じる時があります。私たちはその弱い信号をキャッチして増幅し、日頃の笑顔のお付き合いの輪を広げながら支援に繋いでいけたらと考えています。人は気づかないところで誰かの力を借りて生活しているのですから、「してもらう」「してあげる」関係だけではありません。「あの人も助けを求めているのだから私も声あげてみようかな」という思いを持っていただける方が増えるような「呼び水役」も大切です。「助けられる」側が「助ける」側を上手に活用し、「助けられる」も支え合いの一方パートナーであるという認識を常に共有していくことが必要ではないでしょうか?
「寄り添っ共に生きる社会」づくりを目指して、「助けられ上手」も福祉活動である
という自覚と誇りを持てるような活動を目指したいと思います。

<当日のアンケートより>

つながりづくりin松尾台 を開催しました

つながりづくりin松尾台 を開催しました

つながりづくりin松尾台

 日 時:2017年3月25日(土)13:30~15:30
 場 所:日生公民館会議室(定員20名)
 講 師:NPO法人市民事務局かわにし 副理事長 三井ハルコさん
ゲスト:猪名川町生活部福祉課  課長 山中清治さん
     猪名川町社会福祉協議会 生活支援コーディネーター
                      元岡智恵子さん
 参加費:200円
 定 員: 20名
 主 催:NPO法人猪名川在宅ケアを考える会
 後 援:猪名川町

つながりづくり松尾台 (2) (640x180)!cid_0F93BADE-2D77-4B11-9B53-E35F45B671E6!cid_1CF51846-1001-455C-AF09-A401A1FEC803

桜の便りが聞かれる季節の訪れとともに、松尾台に小さな繋がりの場が生まれました。
あなたが暮らしているまちってどんな「まち」でしょうか?
つながりづくりの場に来て、このまちのこと、暮らしのこと、色々なことを気軽に輪になってお話ししましょう!
と呼びかけたところ、三々五々集まってくださった方々。
今、なぜ、地域に繋がりづくりの場が必要かというところを、行政と社協の立場からお話しいただき、その後、繋がりづくりの場でお話しするうえでいくつかの大切な事を、三井様よりご説明頂きました。
お茶休憩をはさんで、三井様の楽しい進行でプチ井戸端会議。
参加者のお一人おひとりがとても素敵な話題提供者となって自己紹介を一巡。
後、ここが聞きたいということを聞きあいましょうとして、近頃町内で話題のいきいき元気倶楽部について、コミュニケーション麻雀について話題が広がり深まって、心地よい時間がまだまだ続きそうな中、終了となりました。

三井様より次のまとめを頂きました。
もうちょっとお話していたいな~、あ~もう終わってしまうの、次ぎ来たらあの話が聞けるかなとかいうのがいい感じです。
ここは広場なんですね。みんなで集まって話したり聞いたり、こんな広場が一小学校区にひとつづつあると、普段からみんなで顔を合わせた関係になって、あの人、この人最近どうなのかしらと、お互いに向き合える関係になると思います。
ここで話しているうちに仲間が見つかっていって、具体的に何かやりたくなってきたというのも大いにOKだと思います。知り合った人たちが別にグループを作って、あそこでこんなグループができた、ここでこんなことはじめはったようなことが、ネットワークがあるからできていく。そこが醍醐味かと思う。できる範囲でできることをしてみたら、もしかしたらそれが次に繋がっていくかもしれないし、繋がらないないかもしれないし、それも自然体。できる人ができるものを持ち寄ったかたちの中でやっていくというようなことが前段でお話しに伺ったようなことへと繋がっていくのだろうなーと思われます。

***当日の会の終了後は、会場の内・外のあちこちで、早速個々のお話を続けておられる方たちが見られました。***

後日、三井様が次のご感想を寄せておられます。
 この度の、「つながりづくりin松尾台」では、終了後、新たな「つながり」がアチコチで生まれていましたね!私自身もステキな「つながり」を紡がせていただきました!これが、「まちづくり井戸端会議」の魅力ですね!

~講師 三井ハルコさんのプロフィール~

2005年に「中間支援組織」の「NPO法人市民事務局かわにし」立ち上げ。
2010年からは指定管理事業で「川西市市民活動センター・男女共同参画センター」のセンター長も兼ねておられます。
各所で「まちづくり井戸端会議」の場をサポート中。

写真を追加掲載しました。2017.4.2
詳細を掲載しました。2017.5.6

平成28年度第2回勉強会を終了しました

平成28年度第2回勉強会を終了しました

「集まろう、つながろう、支え合おう」をテーマとして3回シリーズの勉強会を開催中です。

第2回勉強会
地域でつながり、地域で支えあう暮らし
 ~ ほっとかれへんお節介のすすめ~

DSC_0017R (2)

DSC_0019R (2)

DSC_0026R (2)
講師:mottoひょうご 栗木剛さん
日時:2017年2月19日(日)14:00~15:30
場所:日生中央センタービル 3F カリヨンホールC教室(定員30名)
主催:NPO法人猪名川在宅ケアを考える会
後援:猪名川町

 2月とはいえ、春の訪れが間近に感じられる午後のひと時、40名余の方にご参加いただきました。
 住み慣れた地域で「助け上手、助けられ上手」となるためにはどうしたらいいのでしょう・・・
との私たちの問いに、栗木先生から、ウイットと示唆に富んだお話を頂きました。
 私たちの誰にも必ず訪れる老いが、超高齢化社会となった今、どのような現状にあるのか、その現状を受け入れる覚悟を備えること、自身の周りに自身のことを知ってもらい、声掛けあう友人をどれだけ作っていけるか、まずは、ここから始めましょうとのご提案。
 栗木先生の講演会は、猪名川町ではすでに何度も開催されており、先生のファンも多く、本日の会場でも、再会のご挨拶があちこちで聞かれることとなりました。
 お話が始まると、終始、栗木先生のコミカルなに進行に笑いがはじけ、参加者の多くが、うなづき、話し合い、深く共感し、会場には温かな連帯感が生まれていくように感じられました。

勉強会のページに詳細を掲載しました/2017.03.17
 

2016年度第一回勉強会を終了しました

2016年度第一回勉強会を終了しました

2016年度勉強会第1回 認知症とともによりよく生きる
~在宅医療・介護者支援・軽度認知障害などの視点から~
20161203 2 (640x480)20161203 3 (640x480)
■日時  平成28年12月3日(土)10:00~11:40
■場所  日生公民館2階会議室(猪名川町松尾台1-2-20)  
■講師  こひつじクリニック院長 小松邦志さん
■主催  NPO法人猪名川在宅ケアを考える会
■後援  猪名川町 
■参加者 一般参加9名、会員11名、関係者2名 合計22 名
■開催の趣旨
認知症の研究は日々進んでいます。
高齢化が加速するなか、認知症とその予備軍とされる人たちは今や高齢者の4人に1人と言われています。
認知症予備軍(軽度認知障害 MCI)とは? 自分や身近な人がそのような状況の時どうすれば進行を抑えることができるか、また、認知症、認知症予備軍にならないよう何に気を付けていけばいいのか、生活習慣、運動などについて、認知症にまつわる最新のお話を、猪名川町で訪問診療所を開設され、精力的にご活躍される小松邦志先生に伺いました。
ここ数年来、私たちは、住み慣れた地域で安心して自分らしい生活を送れる地域づくりをテーマに取り上げてきました。認知症になっても、どのように地域で過ごせるか最新の研究や事例、可能性について学び、私たちにできることを話し合うこととしました。

小松先生に当会の勉強会でお話しいただくのはこの度で3度目となります。そのたびごとにお願いするテーマに沿った、最新の情報に基づく的確でなにより心温まるお話を頂いてきました。
この度もまた、認知症疾患の医療や現状、課題を、最新の詳細な資料に基づき、わかりやすくお話しいただきました。また、ネットワーク資源の形成など、この勉強会で、みんなで学んで必要な情報を発信していきましょう!とのお呼び掛けも頂き、参加者に心強く響いて、一同で心地よい時間を共有することができました。

詳細は勉強会のページに記載します。

今年度下半期の事業を決定しました

2016年10月1日(土)の定例会に於いて 下半期には、以下の各事業に取り組むことが決定されました。 1)「地域を元気にする『コミュニテイサロン』の実現に向けた井戸端会議」 2)公開勉強会(今年度は年間3回開催) 3)「高齢者サロンガイドマ …

2015年度勉強会「心身の健康」シリーズ 第4回
笑顔の在宅ケアを目指して~地域で支え合う仕組みを考える~
シンポジウムの振り返り
2016年3月26日(土)のパネル・デイスカッションを受けて、4月16日、5月7日の定例会にて、当NPOとしての振り返りを行い、平成28年度以降に向けて以下の方針を検討することとしました。

1. サロン活動の実態把握とマップ作りへの参加
認知症カフェは町の事業として28年度より月1回開催予定、種々サロン活動は、町内40か所以上で見られるとの生活部長より紹介があった。参加者からは、誰でも、いつでも参加できる場所が必要ではないかとの質問があった。同意見は多いと思われる。
社協も、元岡さんにより、地域の要望をもとに対応を検討しているところとのこと、そこで、当会の次年度の活動として、社協の情報に基づき、町内40か所のサロン活動の詳細や要望の把握・マップ化への参加を検討することとする。その成果として、希望するものには利用回数が増えることや、サロン間の情報共有や相互啓発にも資することができるのではないか。

2. 認知症カフェの見学、認知症対応型生活介護事業所(グループホーム)などの見学

3.「地域を元気にする『高齢者サロン』の実現に向けた井戸端会議」の開催
町の方針として、将来は、健康長寿体操教室やサロン活動を地域住民により開催する方向を目指しているとのことから、当NPO法人としても、ゆくゆくは毎日開催を事業化することを検討できないか。
高齢者サロンの毎日開催にむけて、地域に毎日通える場所の必要性を感じている住民や、地域の既存の福祉関連団体、サークル活動団体との協働を検討する

4. これらの目標に向かって、次年度を、法人活動の静から動を目指す準備の年とする。

はじめまして

はじめまして

私たちのホームページにようこそ!

ホームページ開設は、当法人の長年の課題でした。
法人の発展のためにと寄せられた特定の個人の寄付金に加えて、兵庫県共同募金会平成25年度NPO等助成事業より助成を受け開設することができました。
広く皆様との双方向のコミュニケーションの場となりますよう願っています。
末永く、訪問してくださいますように。