ずっと住み慣れた家で暮らし続けたい 支え合う地域のケア力 一緒に考えてみませんか?

御挨拶

私たちは、猪名川町域や、その近隣地域におきまして、「在宅介護に関す

る相談」を中心に、地域における高齢者福祉の増進に少しでも寄与できるよう、地道に情報収集や啓発活動などを展開するNPO法人です。

ご承知のとおり、我が国は世界に類をみないスピードで少子高齢化が進展しており、猪名川町も例外ではありません。現在、町内の高齢化率は22.5%(平成25年10月末現在)で全国平均の24.1%(平成24年10月1日現在)を下回っていますものの、要介護・要支援認定者数は、10年前の約2倍にあたる1,266人(平成25年3月末現在)となっています。

なお、10年後における猪名川町の高齢者人口は全体の約3割(約1万人)と予測され、また、団塊世代が65歳を迎えられる2015年問題も喫緊の課題であることから、介護・医療・年金・保険など、地域福祉に重点を置いた「高齢者を地域全体で支える」仕組みづくりが急務となっています。

これまでは地域における介護の諸課題に対し、テーマを特化した勉強会などを開催して地域の皆さまと一緒に、住み慣れた家庭や地域で安心した生活を送るための適切な介護サービスの選択方法などについて考えてきました。なかでも、施設介護ではなく、在宅を基本に様々なサービスを受けることが可能な「小規模多機能型居宅介護事業」に対する関心は高まりました。

平成24年4月、猪名川町内に待望の小規模多機能居宅介護施設(民間)が誕生しました。かねてより、私たちNPO法人が介護にあたっているご家族などへの支援策として事業所誘致を行政に要望してきたこともあり、率直に喜んでいますが、今後は良質な介護サービスが確保されるよう、当該施設の運営推進委員会に参画し、NPOとしての社会的責任を果たしていきたいと考えています。

また、行政に対しては、地域密着型の安心できる介護サービスが受けられるよう、その基盤整備を働きかけるとともに、建設的な提言活動にも取り組んでいこうとしています。

本格化してくる「超高齢社会の生活」を考える機会の場として、私たちのNPO法人が皆さまのお近くにあるものとご理解願います。そして私たちと一緒に考えてみませんか。スタッフはすべてボランティアですが、営利を目的としない活動そのものが私たちのひとつの使命で

す。皆さまの良き知恵袋となるよう、これからも研鑽を積み重ね、皆さまとともに「住み慣れた家で暮らし続けたい」を考えていきます。

2013年12月

理事長特定非営利活動法人
猪名川在宅介護を考える会
理事長 久保 宗一

 

 

概要

設立年月日: 2008年10月24日
目 的:
猪名川町域、及び近隣地域における福祉・介護サービスに関連する情報収集や啓発活動を通して、地域の高齢者が自立に向けて適切なサービスを選択し、住み慣れた地域で暮らし続けたいという願いを実現できるよう援助し、地域の高齢者福祉の増進と豊かなバリアフリー社会の形成に寄与すること。

活動分野:
(1)保健・医療、又は福祉の増進を図る活動
(2)まちづくりの推進を図る活動

事業内容:
(1)地域の福祉・介護サービス関連の情報収集と啓発
  ○ 地域に密着した介護保険・高齢者福祉・医療サービス、および関連する地域資源
  ○ 認知症ケアに関連する地域資源
  ○ セルフプラン作成に関すること
  ○ リビングウイル・事前指示書に関すること
  年間4~5回の勉強会を開催し、会員と地域住民の交流を通して、学びあい、啓発しあう機会としています。
(2)福祉・介護サービス関連の相談
  勉強会や定例会等、参加型学習会を通して、会員相互の相談・支えあいや、有資格者による福祉相談を行っています。
  また、要請を受けて出前講座を開催し、情報提供や相談を行います。
(3)市民による福祉行政への参画及び協働の推進
  地域行政との意見交換会の開催、地域密着型介護保険施設の運営委員会への参加、まちづくり協議会活動や福祉委員会活動へ参加しています。
(4)そのほか、地域の高齢者福祉と豊かなバリアフリー社会の形成に寄与することの可能性を求めて活動しています。

法人所在地:兵庫県川辺郡猪名川町松尾台4丁目6番地151
代表者 : 久保宗一
会員数 : 正会員 11名(2013年12月1日現在)
     賛助会員 3名